宅建過去問【2017年】 平成29年 問49 土地に関する知識 問題と解説

平成29年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H29年 問49 土地に関する知識 問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 扇状地は、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積して形成された地盤である。
  2. 三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤である。
  3. 台地は、一般に地盤が安定しており、低地に比べ、自然災害に対して安全度は高い。
  4. 埋立地は、一般に海面に対して比高を持ち、干拓地に比べ、水害に対して危険である。

「宅建過去問【2017年】 平成29年 問49 土地に関する知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1996】 平成8年 問1 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H8 問1 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 扇状地については、大縮尺の地形図や空中写真によって、土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。
  2. 崖錐堆積物は、一般的に透水性が低く、基盤との境付近が水の通り道となって、そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。
  3. 自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い。
  4. 旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問1 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2000】 平成12年 問49 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H12 問49 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地すべり地の多くは、過去に地すべり活動を起こした経歴があって、地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し、棚田等の水田として利用されることがある。
  2. 樹木が生育する斜面地では、その根が土層と堅く結合しても、根より深い位置の斜面崩壊に対しては、樹木による安定効果を期待することはできない。
  3. 谷出口に広がる扇状地は、土砂・れき礫が堆積してできたものであるため、地盤は堅固でないが、土石流災害に対しては安全であることが多い。
  4. 自然堤防の背後に広がる低平地は、軟弱な地盤であることが多く、盛土の沈下が問題になりやすい。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問49 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2006】 平成18年 問50 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H18 問50 土地の知識 問題

次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 山地とは、傾斜が急で、表土の下に岩盤又はその風化土が現れる地盤である。
  2. 丘陵・段丘とは、地表面は比較的平坦であり、よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位は比較的深い地盤である。
  3. 扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である。
  4. 自然堤防とは、河川からの砂や小礫の供給が少ない場所に形成され、細かい粘性土や泥炭などが堆積した地盤である。

「宅建過去問【2006】 平成18年 問50 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…