宅建過去問【2003】 平成15年 問26 所得税(居住用財産の譲渡) 問題と解説

宅建過去問 H15 問26 所得税(居住用財産の譲渡) 問題

居住用財産を譲渡した場合における所得税の課税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 譲渡した年の1月1日において所有期間が10年以下の居住用財産を譲渡した場合には、居住用財産の譲渡所得の特別控除を適用することはできない。
  2. 譲渡した年の1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産を譲渡した場合において、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例を適用するときには、居住用財産の譲渡所得の特別控除を適用することはできない。
  3. 居住用財産を配偶者に譲渡した場合には、居住用財産の譲渡所得の特別控除を適用することはできない。
  4. 居住用財産の譲渡所得の特別控除の適用については、居住用財産をその譲渡する時において自己の居住の用に供している場合に限り適用することができる。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問26 所得税(居住用財産の譲渡) 問題と解説」の続きを読む…