宅建過去問【2015】 平成27年 問49 土地の知識 問題と解説

平成27年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H27 問49 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
  2. 臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。
  3. 台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。
  4. 都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。

「宅建過去問【2015】 平成27年 問49 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…