宅建過去問【1999】 平成11年 問1 民法(未成年) 問題と解説

宅建過去問 H11 問1 民法(未成年) 問題

次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 満20歳に達した者は、成年とされる。
  2. 満15歳に達した者は、父母の同意を得て、婚姻をすることができる。
  3. 未成年者が婚姻をしたときは、成年に達したものとみなされる。
  4. 満15歳に達した者は、父母の同意を得なくても、遺言をすることができる。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問1 民法(未成年) 問題と解説」の続きを読む…