不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法⑤(防火,準防火地域)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H21 建築基準法⑤ 問題

建築基準法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて掲げた組み合わせはどれか。

イ. 準防火地域内にある3階建ての共同住宅(延べ面積500平方メートル)は、耐火建築物としなければならない。

ロ. 防火地域内にある3階建ての戸建住宅(延べ面積80平方メートル) は、主要構造部を耐火構造とし、その外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に遮炎性能を有する防火設備を設置しなければならない。

ハ. 準耐火建築物の事務所(延べ面積2,000平方メートル)においては、防火壁による区画を設けなくてもよい。

ニ. 特定行政庁が防火地域及び、準防火地域以外の市街地について指定する区域内にある戸建住宅(延べ面積120平方メートル)の外壁又は屋根のうち、延焼のおそれがある部分以外の部分に関しては、防火上の規制はかからない。

  1. イとハ
  2. イとニ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法⑤(防火,準防火地域)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法④(混同問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H21 建築基準法④ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものをすべて掲げた組み合わせはどれか。

イ. 建築物の敷地又は建築物の敷地以外の土地で二以上のものが一団地を形成している場合において、当該一団地内に建築される一定の建築物のうち、特定行政庁が当該建築物の位置及び構造が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認定したものに対しては、当該一団地を当該建築物のーの敷地とみなして建ペい率、容積率等についての規定を適用する。当該認定に際して、特定行政庁は、建築審査会の同意を得る必要はない。

ロ. 用途地域に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められた場合に、その区域内において、特定行政庁が用途上又は構造上やむを得ないと認めて建築審査会の同意を得て許可した建築物の敷地面積については、当該最低限度を下回ることができる。

ハ. 都市計画区域内においてごみ焼却場を新築する場合は、必ず特定行政庁の許可を得なければならない。当該許可に際して、特定行政庁は、都道府県都市計画審議会(一定の場合には、市町村都市計画審議会)の議を経て、その敷地の位置が都市計画上支障がないと認める場合に、許可をするものとする。

ニ. 高度利用地区内において、敷地内に道路に接して有効な空地が確保されていること等により、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した建築物については、法第56条第1項第3号の規定による北側斜線制限は適用されない。

ホ. 特定行政庁による認可を受けて締結した建築協定を廃止しようとする場合においては、建築協定区域内の土地の所有者等(当該建築協定の効力が及ばない者を除く。)の全員の合意が必要である。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法④(混同問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法③(建ぺい率,容積率の計算)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H21 建築基準法③ 問題

下図のような敷地A及び敷地Bに建築物を建築する場合における当該建築物に関する次のイからホまでの記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものをすべて掲げた組み合わせはどれか。

WS000000

  • 道路α:幅員5メートル
  • 道路β:幅員10メートル

【敷地A】

  • 近隣商業地域かつ防火地域内で、街区の角にある敷地として、特定行政庁の指定を受けた敷地
  • 敷地面積180平方メートル
  • 都市計画に定められた建ぺい率の最高限度80%
  • 都市計画に定められた容積率の最高限度500%
  • 前面道路幅員による容積率制限に関し、特定行政庁による区域の指定はないものとする。

【敷地B】

  • 準住居地域かつ防火地域内の敷地
  • 敷地面積120平方メートル
  • 都市計画に定められた建ぺい率の最高限度60%
  • 都市計画に定められた容積率の最高限度300%
  • 前面道路幅員による容積率制限に関し、特定行政庁による区域の指定はないものとする。

 

イ. 敷地Bのみを敷地として建築物を建築する場合、容積率の最高限度は、300%となる。

ロ. 敷地Aと敷地Bを合わせて一の敷地として映画館を建築する場合、客席の部分の床面積の合計は、200平方メートル未満でなければならない。

ハ. 敷地Aのみを敷地として耐火建築物を建築する場合、建ぺい率の最高限度は、90%となる。

ニ. 敷地Aと敷地Bを合わせて一の敷地として建築物を建築する場合、容積率の最高限度は、420%となる。

ホ. 敷地Bのみを敷地として、作業場の床面積の合計が150平方メートルの自動車修理工場を建築することができる。

  1. イとハ
  2. イとホ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法③(建ぺい率,容積率の計算)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法②(道路)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H21 建築基準法② 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。ただし、他の地域地区等の指定は考慮しないものとする。

イ. 法第3章の規定が適用されるに至った際、現に建築物が立ち並んでいる幅員1.5メートルの道で、特定行政庁の指定したものは、法上の道路とみなされる。当該指定に際して、特定行政庁は、建築審査会の同意を得る必要がある。

ロ. 地方公共団体は、土地の状況等を考慮し必要と認める場合においては、条例で、法第43条の規定による建築物の敷地と道路に関する制限を緩和することができる。

ハ. 法第3章の規定が適用されるに至った際。現に存在する幅員6メートルの道は、特定行政庁の指定がなくても、法上の道路となる。

ニ. 建築物は、法上の道路内に建築してはならない。ただし、建築物の塀については、この限りでない。

ホ. 土地を建築物の敷地として利用するため築造する政令で定める基準に適合する幅員8メートルの道は、特定行政庁から位置の指定を受けることで法上の道路となる。当該指定に際して、特定行政庁は、建築審査会の同意を得る必要はない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法②(道路)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法(集団規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H21 建築基準法 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。ただし、他の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可は、考慮しないものとする。

イ. 第一種低層住居専用地域に関する都市計画において、建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離の限度を1メートルと定めることができる。

ロ. 防火地域内にある高さ4メートルの看板は、その主要な部分を不燃材料で造り、又はおおわなければならない。

ハ. 高さ1.8メートルの門は、壁面線を越えて建築してはならない。

ニ. 法第56条の2の規定による日影規制の対象区域外にあるが、冬至日において対象区域内の土地に日影を生じさせる高さ15メートルの建築物は、当該対象区域内にある建築物とみなされて日影規制の適用を受ける。

ホ. 建築物の高さは、第一種低層住居専用地域内においては10メートルを、第二種低層住居専用地域内においては12メートルを超えてはならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2009】 平成21年 建築基準法(集団規定)」の続きを読む…