宅建過去問【1993】 平成5年 問24 建築基準法(建築協定) 問題と解説

宅建過去問 H5 問24 建築基準法(建築協定) 問題

建築基準法の建築協定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築協定を締結するには、当該建築協定区域内の土地(借地権の目的となっている土地はないものとする。)の所有者の、全員の合意が必要である。
  2. 建築協定は、当該建築協定区域内の土地の所有者が1人の場合でも、定めることができる。
  3. 建築協定は、建築物の敷地、位置及び構造に関して定めることができるが、用途に関しては定めることができない。
  4. 建築協定は、特定行政庁の認可を受ければ、その認可の公告の日以後新たに当該建築協定区域内の土地の所有者となった者に対しても、その効力が及ぶ。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問24 建築基準法(建築協定) 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 建築基準法⑤(集団規定,建築協定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H25 建築基準法⑤ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 法第3章の規定が適用されるに至った際、現に存在する幅員4メートル以上の道で、特定行政庁の指定したものは、法上の道路となる。

ロ. 建築協定区域内の土地の所有者等は、認可を受けた建築協定を変更しようとする場合においては、土地の所有者等の過半数の合意をもってその旨を定め、特定行政庁に申請し、その認可を受けなければならない。

ハ. 法第59条の2の規定による総合設計の許可を受けた建築物については、その許可の範囲内において、法第53条の規定による建ぺい率の限度を超えるものとすることができる。

ニ. 建築物は法上の道路内に建築してはならないが、敷地を造成するための擁壁であれば道路内に築造が可能である。

ホ. 法第73条第2項又はこれを準ずる第74条第2項の規定による認可の公告があった建築協定は、その公告のあった日以後において、当該建築協定区域内の土地の所有者となった者に対してはその効力が及ばない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 建築基準法⑤(集団規定,建築協定)」の続きを読む…

宅建過去問【2015】 平成27年 問18 建築基準法 問題と解説

平成27年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H27 問18 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、エレベーターの昇降路の部分又は共同住宅の共用の廊下若しくは階段の用に供する部分の床面積は、一定の場合を除き、算入しない。
  2. 建築物の敷地が建ぺい率に関する制限を受ける地域又は区域の2以上にわたる場合においては、当該建築物の建ぺい率は、当該各地域又は区域内の建築物の建ぺい率の限度の合計の2分の1以下でなければならない。
  3. 地盤面下に設ける建築物については、道路内に建築することができる。
  4. 建築協定の目的となっている建築物に関する基準が建築物の借主の権限に係る場合においては、その建築協定については、当該建築物の借主は、土地の所有者等とみなす。

「宅建過去問【2015】 平成27年 問18 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2009】 平成21年 問19 建築基準法 問題と解説

宅建過去問 H21 問19 建築基準法 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 高度地区内においては、建築物の高さは、高度地区に関する地方公共団体の条例において定められた内容に適合するものでなければならない。
  2. 認可の公告のあった建築協定は、その公告のあった日以後に協定の目的となっている土地の所有権を取得した者に対しても、効力がある。
  3. 商業地域内にある建築物については、法第56条の2第1項の規定による日影規制は、適用されない。ただし、冬至日において日影規制の対象区域内の土地に日影を生じさせる、高さ10mを超える建築物については、この限りでない。
  4. 特別用途地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては、国土交通大臣の承認を得て、条例で、法第48条の規定による建築物の用途制限を緩和することができる。

「宅建過去問【2009】 平成21年 問19 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…

建築基準法(単体規定、建築協定他)

WS000000宅建試験では、建築基準法から2~3問程度出題されます。

法令制限の分野では、都市計画法に次いで出題数の
多い科目です。

出題の中心は、建築確認、集団規定からで、
少し細かなところまで出題がありますが、
各項目を規制内容を関連付けて勉強していきましょう。 「建築基準法(単体規定、建築協定他)」の続きを読む…