宅建過去問【2018年】 平成30年 問27 宅建業法(建物状況調査) 問題と解説

平成30年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H30年 問27 宅建業法(建物状況調査) 問題

宅地建物取引業者Aは、Bが所有し、居住している甲住宅の売却の媒介を、また、宅地建物取引業者Cは、Dから既存住宅の購入の媒介を依頼され、それぞれ媒介契約を締結した。その後、B及びDは、それぞれA及びCの媒介により、甲住宅の売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「建物状況調査」とは、法第34条の2第1項第4号に規定する調査をいうものとする。

  1. Aは、甲住宅の売却の依頼を受けた媒介業者として、本件契約が成立するまでの間に、Dに対し、建物状況調査を実施する者のあっせんの有無について確認しなければならない。
  2. A及びCは、本件契約が成立するまでの間に、Dに対し、甲住宅について、設計図書、点検記録その他の建物の建築及び維持保全の状況に関する書類で国土交通省令で定めるものの保存の状況及びそれぞれの書類に記載されている内容について説明しなければならない。
  3. CがDとの間で媒介契約を締結する2年前に、甲住宅は既に建物状況調査を受けていた。この場合において、A及びCは、本件契約が成立するまでの間に、Dに対し、建物状況調査を実施している旨及びその結果の概要について説明しなければならない。
  4. A及びCは、Dが宅地建物取引業者である場合であっても、法第37条に基づき交付すべき書面において、甲住宅の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者の双方が確認した事項があるときにその記載を省略することはできない。

「宅建過去問【2018年】 平成30年 問27 宅建業法(建物状況調査) 問題と解説」の続きを読む…

【平成30年 宅建業法改正】インスペクション(建物状況調査)

WS000000
平成30年度の宅建業法改正の目玉と言えば、インスペクション(建物状況調査)制度の導入と言うことになりますが、宅建試験においても必ず出題されると思いますので、ポイントをまとめておきます。

 

「【平成30年 宅建業法改正】インスペクション(建物状況調査)」の続きを読む…