宅建過去問【2016】 平成28年 問50 建物の知識 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問50 建物の知識 問題

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。
  2. 鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
  4. ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。

「宅建過去問【2016】 平成28年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1996】 平成8年 問22 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H8 問22 建物の知識 問題

木造建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。
  2. 木造建築物の構造設計用の荷重として、地震力より風圧力の方が大きく設定される場合がある。
  3. 木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
  4. 木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。(見付面積とは、建築物の張り間方向又はけた行方向の鉛直投影面積で、立面図に見える面積に相当する。)

「宅建過去問【1996】 平成8年 問22 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2015】 平成27年 問50 建物の知識 問題と解説

平成27年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H27 問50 建物の知識 問題

建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。
  2. 基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。
  3. 杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。
  4. 建物は、上部構造と基礎構造からなり、基礎構造は上部構造を支持する役目を負うものである。

「宅建過去問【2015】 平成27年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1998】 平成10年 問48 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H10 問48 建物の知識 問題

木造建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 枠組壁工法は、木材で組まれた枠組みに構造用合板等を釘打ちした壁及び床により構造体が形成される。
  2. 建築物の設計においては、クリープ(一定過重のもとで時間の経過とともに歪みが増大する現象)を考慮する必要がある。
  3. 建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。
  4. 鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問48 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2001】 平成13年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H13 問50 建物の知識 問題

建築材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。
  2. コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。
  3. 木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。
  4. 木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。

「宅建過去問【2001】 平成13年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2014】 平成26年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H26 問50 建物の知識 問題

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
  2. モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
  3. 骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
  4. コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2004】 平成16年 問49 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H16 問49 建物の知識 問題

鉄筋コンクリート造の建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 原則として、鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、コンクリートから抜け出ないように定着しなければならない。
  2. 構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。
  3. 原則として、鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
  4. 鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁にあっては3cm以上としなければならないが、耐久性上必要な措置をした場合には、2cm以上とすることができる。

「宅建過去問【2004】 平成16年 問49 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2005】 平成17年 問49 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H17 問49 建物の知識 問題

建物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 耐力壁と周囲の柱及びはりとの接合部は、その部分の存在応力を伝えることができるものとしなければならない。
  2. コンクリートは、打上がりが均質で密実になり、かつ、必要な強度が得られるようにその調合を定めなければならない。
  3. 構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに、必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。
  4. 筋かいには、欠込みをしてはならない。ただし、筋かいをたすき掛けにするためにやむを得ない場合において、必要な補強を行ったときは、この限りでない。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問49 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2006】 平成18年 問49 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H18 問49 建物の知識 問題

木造の建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 木造の外壁のうち、鉄網モルタル塗その他軸組が腐りやすい構造である部分の下地には、防水紙その他これに類するものを使用しなければならない。
  2. 構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。
  3. 2階建ての木造建築物の土台は、例外なく、基礎に緊結しなければならない。
  4. はり、けたその他の横架材の中央部附近の下側に耐力上支障のある欠込みをする場合は、その部分を補強しなければならない。

「宅建過去問【2006】 平成18年 問49 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2007】 平成19年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H19 問50 建物の知識 問題

建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 防火地域内に建築する仮設建築物の基礎に木ぐいを用いる場合、その木ぐいは、平家建ての木造の建築物に使用する場合を除き、常水面下にあるようにしなければならない。
  2. 建築物に近接してその建築物を風の方向に対して有効にさえぎる他の建築物、防風林その他これらに類するものがある場合においては、その方向における速度圧は、一定程度まで減らすことができる。
  3. 積雪荷重の計算に当たり、雪下ろしを行う慣習のある地方においては、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合においても、積雪荷重は、雪下ろしの実況に応じて垂直積雪量を1mまで減らして計算することができる。
  4. 高さが60mを超える建築物を建築する場合、国土交通大臣の認定を受ければ、その構造方法を耐久性等関係規定に適合させる必要はない。

「宅建過去問【2007】 平成19年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…