【平成30年 宅建業法改正】IT重説

WS000002これまで重説は、宅建士がお客様に対して対面で行わなければいけないものでした。

ですがインターネットなどのインフラが普及した現在では、遠方のお客様の交通費等の費用負担や日程調整などを考えた場合、ITを利用した重説を行うメリットは大きいと考えられ、平成30年度からまず『賃貸』についてのみIT重説が解禁となりました。

 

今後、数年かけて売買も解禁されると思いますが、平成30年度は賃貸だけですから、ここをまず押えておいてください。

「【平成30年 宅建業法改正】IT重説」の続きを読む…