宅建過去問【2006】 平成18年 問50 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H18 問50 土地の知識 問題

次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 山地とは、傾斜が急で、表土の下に岩盤又はその風化土が現れる地盤である。
  2. 丘陵・段丘とは、地表面は比較的平坦であり、よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位は比較的深い地盤である。
  3. 扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である。
  4. 自然堤防とは、河川からの砂や小礫の供給が少ない場所に形成され、細かい粘性土や泥炭などが堆積した地盤である。

「宅建過去問【2006】 平成18年 問50 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2009】 平成21年 問49 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H21 問49 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

  1. 山地の地形は、かなり急峻で大部分が森林となっている。
  2. 台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。
  3. 低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。
  4. 臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。

「宅建過去問【2009】 平成21年 問49 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…