宅建過去問【1996】 平成8年 問28 譲渡所得 問題と解説

宅建過去問 H8 問28 譲渡所得 問題

居住用財産を譲渡した場合における譲渡所得の所得税の課税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 譲渡した年の1月1日において所有期間が5年を超える居住用財産を譲渡した場合には、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例の適用を受けることができる。
  2. 譲渡した年の1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産を譲渡した場合であっても、居住用財産譲渡所得の3,000万円特別控除の適用を受けるときには、
    居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例の適用を受けることはできない。
  3. 居住用財産を譲渡した場合に、その譲渡所得が短期譲渡所得の課税の特例の適用を受けるものであるときには、居住用財産の3,000万円特別控除の適用を受けることはできない。
  4. 居住用財産を譲渡した場合に、特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例の適用を受けるときには、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例の適用を受けることはできない。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問28 譲渡所得 問題と解説」の続きを読む…

所得税

canvas本日は所得税です。

所得税については、範囲が広い上に
とても複雑で、このブログでは
省略しようかと思ったぐらいです。

大事なポイントのみを書きますので、
ここであまり時間はかけないでくださいね。

「所得税」の続きを読む…