宅建過去問【2005】 平成17年 問14 区分所有法 問題と解説

宅建過去問 H17 問14 区分所有法 問題

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 共用部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の所有とすることができる。
  2. 専有部分であっても、規約で定めることにより、敷地利用権と分離して処分することができる。
  3. 構造上区分所有者全員の共用に供されるべき建物の部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の専有部分とすることができる。
  4. 区分所有者の共有に属さない敷地であっても、規約で定めることにより、区分所有者の団体の管理の対象とすることができる。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問14 区分所有法 問題と解説」の続きを読む…

区分所有法

canvas本日は、区分所有法です。

正式名称は「建物の区分所有等に
関する法律」というのですが、

H13年に、マン管の資格が登場したため
そんなに難しい個所からの出題は
今後はないと思います。

ですから、宅建で出題が多い個所だけを集中的にやれば、
1点は取れると思います^^

「区分所有法」の続きを読む…