宅建過去問【1997】 平成9年 問40 宅建業法(信用の供与と重要事項説明) 問題と解説

宅建過去問 H9 問40 宅建業法(信用の供与と重要事項説明) 問題

宅地建物取引業者Aが、売主B、買主Cとする建物の売買の媒介をした場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。

  1. Aは、建物の売買契約の成立時において、Cに手付金全額の用意ができていなかったので、不足分を立て替えて、当該売買契約を成立させた。
  2. Aは、売買契約が成立するまでの間に、代金に関する融資のあっせんについて融資条件を説明したが、その融資が成立しないときの措置についてはCに説明しなかった。
  3. Aは、建物の引渡しの時期についてBとCの合意が不確定であったので、売買契約が成立するまでの間に、当該事項をCに説明しなかった。
  4. Aは、契約の解除に関する事項について売買契約が成立するまでの間にCに説明しなかったが、そのことについて過失はあったものの故意はなかった。

「宅建過去問【1997】 平成9年 問40 宅建業法(信用の供与と重要事項説明) 問題と解説」の続きを読む…