宅建過去問【1997】 平成9年 問37 宅建業法(35条書面記載事項) 問題と解説

宅建過去問 H9 問37 宅建業法(35条書面記載事項) 問題

宅地建物取引業者が宅地(代金1,000万円)を販売する場合に、宅地建物取引業法第35条の規定に基づく書面に必ず記載しなければならない重要事項は、次のうちどれか。

  1. 代金の支払の方法
  2. 50万円未満の額の手付金を授受する場合の当該手付金の額
  3. 50万円未満の額の預り金を授受する場合の当該預り金の保全措置の概要
  4. 50万円未満の租税その他の公課の負担に関する事項

「宅建過去問【1997】 平成9年 問37 宅建業法(35条書面記載事項) 問題と解説」の続きを読む…