宅建過去問【1997】 平成9年 問21 農地法 問題と解説

宅建過去問 H9 問21 農地法 問題

市街化区域外にある農地に関する次の記述のうち、農地法の規定によれば正しいものはどれか。

  1. 農家が住宅の改築に必要な資金を銀行から借りるため、自己所有の農地に抵当権を設定する場合は、農地法第3条の許可を受ける必要はない。
  2. 農家が自己所有の農地に賃貸住宅を建設するため転用する場合は、農地法第4条の許可を受ける必要はない。
  3. 農家が自己所有の農地にその居住用の住宅を建設するため転用する場合は、農地法第4条の許可を受ける必要はない。
  4. 山林を開墾して造成した農地について、それを宅地に転用する目的で取得する場合は、農地法第5条の許可を受ける必要はない。

「宅建過去問【1997】 平成9年 問21 農地法 問題と解説」の続きを読む…