宅建過去問【1997】 平成9年 問10 民法(遺留分) 問題と解説

宅建過去問 H9 問10 民法(遺留分) 問題

遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているのはどれか。

  1. 被相続人Aの配偶者BとAの弟Cのみが相続人であり、Aが他人Dに遺産全部を遺贈したとき、Bの遺留分は遺産の3/8、Cの遺留分は遺産の1/8である。
  2. 遺留分の減殺請求は、訴えを提起しなくても、内容証明郵便による意思表示だけでもすることができる。
  3. 相続が開始して9年6ヵ月経過する日に、はじめて相続の開始と遺留分を害する遺贈のあったことを知った遺留分権利者は、6ヵ月以内であれば、遺留分の減殺請求をすることができる。
  4. 被相続人Eの生前に、Eの子Fが家庭裁判所の許可を得て遺留分の放棄をした場合でも、Fは、Eが死亡したとき、その遺産を相続する権利を失わない。

「宅建過去問【1997】 平成9年 問10 民法(遺留分) 問題と解説」の続きを読む…