宅建過去問【1996】 平成8年 問38 宅建業法(35条書面・37条書面) 問題と解説

宅建過去問 H8 問38 宅建業法(35条書面・37条書面) 問題

売主A、買主Bの間の宅地の売買について宅地建物取引業者Cが媒介をした場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはどれか。
なお、この問において、35条書面とは同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書面を、37条書面とは同法第37条の規定に基づく契約内容を記載した書面をいうものとする。

  1. Bが未成年者で、契約の締結について法定代理人の同意を得ていた場合において、Cは、宅地建物取引士をして、Bに対してのみ35条書面を交付して説明をさせた。
  2. Cの事務所の応接室がふさがっていたので、Cは、近くの喫茶店で、宅地建物取引士をして、Bに対し35条書面を交付して説明をさせた。
  3. Cは、37条書面をA及びBに対して交付したが、当該書面に専任でない宅地建物取引士をして、記名押印させた。
  4. Cは、Bに対しては37条書面を交付したが、Aに対しては37条書面を交付しなかった。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問38 宅建業法(35条書面・37条書面) 問題と解説」の続きを読む…