宅建過去問【1996】 平成8年 問12 借地借家法(借家) 問題と解説

宅建過去問 H8 問12 借地借家法(借家) 問題

AがBに対してA所有の建物を期間を定めないで賃貸した場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aは、Bに対して、解約の申入れの日から6月を経過しないと建物の明渡を請求することができない。
  2. AがBに対し解約の申入れをしても、6月経過後のBの建物使用についてAが遅滞なく異議を述べないときは、契約は更新されたものとみなされる。
  3. AがBに対し解約の申入れをするため必要な正当の事由は、解約の申入れ時に存在すれば足り、6月経過時には存在しなくてもよい。
  4. AがBに対し解約の申入れをするため必要な正当の事由は、Aの自己使用の必要性のほかに、AがBに対し建物の明渡しの条件として金銭を支払う旨のAの申出をも考慮して判断される。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問12 借地借家法(借家) 問題と解説」の続きを読む…