宅建過去問【1994】 平成6年 問41 宅建業法(重要事項説明) 問題と解説

宅建過去問 H6 問41 宅建業法(重要事項説明) 問題

宅地建物取引業者がマンション(区分所有建物)の一室の賃貸借契約を媒介するに際し、重要事項の説明を行った。この場合、次の記述のうち、宅地建物取引業法第35条の規定に違反しないものはいくつあるか。

ア. マンションの所有者については、登記名義人を説明したが、マンションの抵当権については、借主に関係がないので、説明しなかった。

イ. 敷金の額については、説明したが、その保管方法については、借主に関係がないので、説明しなかった。

ウ. マンションの管理費のうち、所有者が負担しなければならない費用の額については、借主が負担するわけではないので、説明しなかった。

エ. マンションの管理の委託を受けている者について、その氏名は説明したが、住所については、必要がないので、説明しなかった。

※ 区分所有建物 建物の区分所有等に関する法津第2条第1項に規定する区分所有権の目的である建物をいう。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ

「宅建過去問【1994】 平成6年 問41 宅建業法(重要事項説明) 問題と解説」の続きを読む…