宅建過去問【1994】 平成6年 問3 民法(共有) 問題と解説

宅建過去問 H6 問3 民法(共有) 問題

A・B・Cが別荘を持分均一で共有し、特約がない場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 管理費は、A・B・Cがその利用の程度に応じて負担しなければならない。
  2. 別荘の改築は、A・B・C全員の合意で行うことを要し、Aが単独で行うことはできない。
  3. Aは、不法占拠者Dに対して単独で明渡請求を行うことができるが、損害賠償の請求については、持分の割合を超えて請求することはできない。
  4. 分割の請求については、Aは、いつでもすることができ、B・Cとの協議がととのわないときは、裁判所に請求することができる。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問3 民法(共有) 問題と解説」の続きを読む…