宅建過去問【1994】 平成6年 問25 宅地造成等規制法 問題と解説

宅建過去問 H6 問25 宅地造成等規制法 問題

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあっては、その長をいうものとする。

  1. 宅地造成工事規制区域内の農地に盛土をして高さ2mのがけを生じる場合、引き続き農地として利用するときは、都道府県知事の許可を受ける必要はないが、宅地に転用するときは、その旨届け出なければならない。
  2. 宅地造成工事規制区域内で宅地造成を行う場合において、高さ3mの擁壁の設置をするときは、一定の資格を有する者の設計によらなければならない。
  3. 宅地造成工事規制区域内の宅地を購入した者は、都道府県知事の検査を受けなければならない。
  4. 宅地造成工事規制区域内の宅地を購入した者は、宅地造成に伴う災害の防止のため、都道府県知事から、必要な措置をとるよう勧告を受けることがあるほか、擁壁の改善等の工事を行うことを命ぜられることがある。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問25 宅地造成等規制法 問題と解説」の続きを読む…