宅建過去問【1994】 平成6年 問24 建築基準法(防火地域,準防火地域) 問題と解説

宅建過去問 H6 問24 建築基準法(防火地域,準防火地域) 問題

防火地域又は準防火地域に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 防火地域内において、階数が2で延べ面積が200㎡の住宅は、必ず耐火建築物としなければならない。
  2. 準防火地域内において、地階を除く階数が3で延べ面積が1,000㎡の事務所は、必ず耐火建築物としなければならない。
  3. 準防火地域内において、地階を除く階数が3で述べ面積が500㎡の事務所を耐火建築物以外のものとする場合は、必ず準耐火建築物としなければならない。
  4. 準防火地域内にある看板、広告塔で、建築物の屋上に設けるものは、必ずその主要な部分を不燃材料でつくり、又はおおわなければならない。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問24 建築基準法(防火地域,準防火地域) 問題と解説」の続きを読む…