宅建過去問【1994】 平成6年 問21 建築基準法(低層住居専用地域の制限) 問題と解説

宅建過去問 H6 問21 建築基準法(低層住居専用地域の制限) 問題

第一種低層住居専用地域内の建築物の制限に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 3階建ての住宅(高さ10m)は、特定行政庁の許可を得なければ、建てることができない。
  2. 建築物の敷地面積の最低限度に関する制限を都市計画で定める場合、200㎡を超えない範囲で、定めなければならない。
  3. 隣地斜線制限(建築基準法第56条第1項第2号の制限をいう。)は、適用される。
  4. 都市計画において外壁の後退距離の限度を定める場合においては、2mを超えない範囲で、定めなければならない。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問21 建築基準法(低層住居専用地域の制限) 問題と解説」の続きを読む…