宅建過去問【1993】 平成5年 問44 宅建業法(重要事項説明) 問題と解説

宅建過去問 H5 問44 重要事項説明) 問題

宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。

  1. 相手方が宅地建物取引業者であったので、重要事項の説明は、宅地建物取引士でない代表者が行った。
  2. 当該物件の引渡時期については、未だ定まっていなかったので、何も説明しなかった。
  3. 当該物件には、私道の負担がなかったので、私道に関しては、何も説明しなかった。
  4. 当該建物は、表示登記はされていたが、所有権保存登記がされていなかったので、建物の登記簿上の所有者に関しては、何も説明しなかった。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問44 宅建業法(重要事項説明) 問題と解説」の続きを読む…