宅建過去問【1993】 平成5年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説

宅建過去問 H5 問42 宅建業法(広告の規制) 問題

宅地建物取引業者の広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 新聞折込広告で、実際に取引する意思のない物件を分譲すると広告した場合、宅地建物取引業法に違反して、6月以下の懲役に処せられることがある。
  2. 一団地の住宅を数回に分けて販売する場合、最終回の分譲については、売主が明らかであるので、これを省略して広告してもさしつかえない。
  3. 宅地建物取引業者が宅地建物取引業法第65条第2項の規定による業務停止の処分を受けた場合、宅地建物の販売をすることはできないが、当該処分期間経過後の
    販売に関し、あらかじめ広告をすることはできる。
  4. 建売住宅の分譲について、建築確認が下りる前に「建築確認申請中」として新聞広告をした場合、宅地建物取引業法に違反して、50万円以下の罰金に処せられることがある。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説」の続きを読む…