宅建過去問【1993】 平成5年 問37 宅建業法(宅地建物取引士) 問題と解説

宅建過去問 H5 問37 宅建業法(宅地建物取引士) 問題

宅地建物取引士に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業に係る営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者は、専任の宅地建物取引士となることはできないが、専任でない宅地建物取引士となることができる。
  2. 宅地建物取引士は、宅地建物取引業法第35条の重要事項の説明を行う場合、相手方に宅地建物取引士証を提示しなければならないが、その相手方と初めて会ったときに宅地建物取引士証を提示していれば、改めて提示する必要はない。
  3. 宅地建物取引業法第37条の書面については、宅地建物取引士が記名押印することを要し、建物の賃貸借の媒介の場合でも、これを省略することはできない。
  4. 事務所に置かれる政令で定める使用人が宅地建物取引士となったときは、その者は、その事務所に置かれる専任の宅地建物取引士とみなされる。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問37 宅建業法(宅地建物取引士) 問題と解説」の続きを読む…