宅建過去問【1993】 平成5年 問36 宅建業法(免許欠格事由) 問題と解説

宅建過去問 H5 問36 宅建業法(免許欠格事由) 問題

次の者のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。

  1. A社―その取締役Bが、3年前に、刑法第233条(業務妨害)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終えた。
  2. C社―その政令で定める使用人Dが、3年前に、土地の投機的取引に関連して、国土利用計画法第23条の届出をせず、かつ、無免許で宅地の売買を数回行っていた。
  3. E社―その相談役Fが、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律により都道府県公安委員会が指定した暴力団(以下この問において「指定暴力団」という。)の構成員であり、かつ、社長GよりもE社に対する支配力が大きい。
  4. H社―その取締役Iが、J社の代表取締役であったとき宅地建物取引業に関し指定暴力団の構成員に暴力的要求行為をすることを依頼したため、業務停止処分に該当し、その情状が特に重いとして、J社が1年前に宅地建物取引業の免許を取り消された。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問36 宅建業法(免許欠格事由) 問題と解説」の続きを読む…