宅建過去問【1993】 平成5年 問25 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H5 問25 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 換地計画において定められた換地は、換地処分の公告があった日の翌日から、従前の宅地とみなされる。
  2. 仮換地の指定に伴い、従前の宅地に存する建築物を移転する必要がある場合、当該建築物の所有者が、自らこれを移転しなければならない。
  3. 仮換地が指定されても、土地区画整理事業の施行地区内の宅地を売買により取得した者は、その仮換地を使用することができない。
  4. 仮換地が指定されても、従前の宅地を権原に基づき使用することができる者は、換地処分の公告のある日までの間、従前の宅地を使用することができる。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問25 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…