宅建過去問【1993】 平成5年 問22 建築基準法(第一種低層住居専用地域) 問題と解説

宅建過去問 H5 問22 建築基準法(第一種低層住居専用地域) 問題

第一種低層住居専用地域に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 建築物の高さの最高限度は、15mである。
  2. 建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合(容積率)の最高限度は、250パーセントである。
  3. 建築主は、床面積の合計が50㎡以下の工場を建てることができる。
  4. 特定行政庁は、壁面線を指定して、建築を制限することができる。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問22 建築基準法(第一種低層住居専用地域) 問題と解説」の続きを読む…