宅建過去問【1993】 平成5年 問16 不動産登記法 問題と解説

宅建過去問 H5 問16 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建物の新築による建物の表題登記は、管轄を誤って登記されたものであっても、登記が完了すれば、職権によって抹消されることはない。
  2. 建物の表示に関する登記において、建物の種類は、建物の主たる用途により、居宅、店舗、事務所等に区分して定められる。
  3. 甲地を甲地及び乙地に分筆の登記をする場合は、甲地に登記されている抹消された登記も、乙地に転写される。
  4. 所有権の登記の抹消を申請する場合において、その抹消につき登記上利害関係を有する抵当権者がいるときは、申請情報と併せて抵当権者の承諾を証する情報及び抵当権者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を提供することを要する。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問16 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…