宅建過去問【1993】 平成5年 問15 不動産登記法 問題と解説

宅建過去問 H5 問15 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 登記は、当事者の申請又は官公署の嘱託がある場合でなければ、することができない。
  2. 氏名の変更による登記名義人の表示の変更の登記の申請は、登記名義人が単独ですることができる。
  3. 申請情報と併せて仮登記義務者の承諾を証する情報を提供してする所有権移転請求権の仮登記の申請は、仮登記権利者及び仮登記義務者が共同してすることを要する。
  4. 登記権利者は、その者の所有権を確認する確定判決に基づき、売買による所有権移転の登記の申請を単独ですることができる。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問15 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…