宅建過去問【1992】 平成4年 問38 宅建業法(宅建士証) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問38 宅建業法(宅建士証) 問題

宅地建物取引士と宅地建物取引士証に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引士の業務を行うため、宅地建物取引士証の交付の申請をしようとする者は、その交付の申請前に宅地建物の取引に関する実務経験が2年以上あれば、都道府県知事の指定する講習を受講する必要はない。
  2. 宅地建物取引士が転勤して、登録の移転の申請をした場合、その移転後の宅地建物取引士証の有効期間は、登録の移転の申請の日から5年となる。
  3. 宅地建物取引士が宅地建物取引業者である場合において、宅地建物取引業を廃止したときは、宅地建物取引士は、速やかに、その登録をしている都道府県知事に宅地建物取引士証を返納しなければならない。
  4. 宅地建物取引士が氏名を変更して、変更の登録の申請をする場合、宅地建物取引士は、常にその申請とあわせて宅地建物取引士証の書換え交付の申請をしなければならない。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問38 宅建業法(宅建士証) 問題と解説」の続きを読む…