宅建過去問【1992】 平成4年 問3 民法(無権代理) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問3 民法(無権代理) 問題

Aの所有する不動産について、Bが無断でAの委任状を作成して、Aの代理人と称して、善意無過失の第三者Cに売却し、所有権移転登記を終えた。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Cが善意無過失であるから、AC間の契約は、有効である。
  2. AC間の契約は有効であるが、Bが無断で行った契約であるからAは、取り消すことができる。
  3. Cは、AC間の契約を、Aが追認するまでは、取り消すことができる。
  4. AC間の契約は無効であるが、Aが追認をすれば、新たにAC間の契約がなされたものとみなされる。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問3 民法(無権代理) 問題と解説」の続きを読む…