宅建過去問【1992】 平成4年 問19 都市計画法(開発許可) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問19 都市計画法(開発許可) 問題

開発許可に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 開発許可の申請は、自己が所有していない土地については、することができない。
  2. 開発許可の申請に当たっては、あらかじめ当該開発行為に関係のある公共施設の管理者と協議をし、その協議の経過を示す書面を申請書に添付しなければならない。
  3. 開発許可を受けた開発区域内の土地においては、当該開発行為に関する工事が完了した旨の公告があるまでの間は、建築物を建築し、又は土地を分譲してはならない。
  4. 開発許可を受けた者は、当該開発区域の全部について開発行為に関する工事を完了したときだけでなく、開発行為に関する工事を廃止したときも、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問19 都市計画法(開発許可) 問題と解説」の続きを読む…