宅建過去問【1992】 平成4年 問12 民法(共有) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問12 民法(共有) 問題

A・B・C3人の土地の共有(持分均一)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aの反対にかかわらず、B及びCが同意して管理行為を行った場合、Aは、その費用の分担を拒むことができる。
  2. Dが不法に土地を占拠した場合、Bは、Dに対し、単独で土地の明渡請求をすることができる。
  3. Cが相続人なくして死亡し、特別縁故者に対する財産分与もなされない場合、Cの持分は、A及びBに帰属する。
  4. Aは、特約がなければ、いつでも土地の分割を請求することができる。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問12 民法(共有) 問題と解説」の続きを読む…