宅建過去問【1991】 平成3年 問45 宅建業法(重説の説明事項) 問題と解説

宅建過去問 H3年 問45 宅建業法(重説の説明事項) 問題

次の事項のうち、宅地建物取引業法第35条の規定による重要事項の説明を義務付けられているものは、どれか。

  1. 当該取引の対象となる宅地又は建物に関し50万円の預り金を受領しようとする場合において、宅地建物取引業法第64条の3第2項の規定による保証の措置等を講ずるかどうか。
  2. 当該宅地又は建物の瑕疵を担保すべき責任についての定めがある場合において、その内容
  3. 移転登記の申請の時期
  4. 天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがある場合において、その内容

「宅建過去問【1991】 平成3年 問45 宅建業法(重説の説明事項) 問題と解説」の続きを読む…