宅建過去問【1991】 平成3年 問28 登録免許税 問題と解説

宅建過去問 H3年 問28 登録免許税 問題

登録免許税に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 登録免許税の課税標準の金額を計算する場合において、その金額が1千円に満たないときは、その課税標準は1千円とされる。
  2. 納付した登録免許税に不足額があっても、その判明が登記の後である場合においては、その不足額の追徴はない。
  3. 建物の新築をした所有者が行う建物の表示の登記については、登録免許税は課税されない。
  4. 登録免許税の納付は、納付すべき税額が3万円以下の場合においても、現金による納付が認められる。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問28 登録免許税 問題と解説」の続きを読む…