宅建過去問【1991】 平成3年 問18 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H3年 問18 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、容積率の最高限度又は最低限度を定める地区である。
  2. 特別用途地区は、当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区で、用途地域外であっても、定めることができる。
  3. 地区計画は、当該区域の各街区における防災、安全、衛生等に関する機能が確保され、かつ、その良好な環境の形成又は保持のためその区域の特性に応じて合理的な土地利用が行われることを目途として、定める。
  4. 第一種低層住居専用地域は、主として住居の環境を保護するため定める地域である。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問18 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…