宅建過去問【1991】 平成3年 問16 不動産登記法 問題と解説

宅建過去問 H3年 問16 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 不動産登記法の規定により登記所に備える地図は、すべて一筆の土地ごとに作製され、土地の区画及び地番が明確にされている。
  2. 区分建物以外の建物の床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積により算出される。
  3. 二つの登記所の管轄区域にまたがって建っている建物の表示の登記の申請は、双方の登記所にそれぞれ申請しなければならない。
  4. 建物の滅失の登記は、登記官の職権によってすることができる。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問16 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…