宅建過去問【1991】 平成3年 問15 不動産登記法 問題と解説

宅建過去問 H3年 問15 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 所有権移転の登記の抹消は、権利部の甲区に記録される。
  2. 抵当権の順位の変更の登記は、権利部の乙区に記録される。
  3. 根抵当権の登記名義人の表示の変更の登記は、権利部の甲区に記録される。
  4. 買戻しの特約の登記は、買主の権利取得の登記の付記登記として権利部の甲区に記録される。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問15 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…