不動産鑑定士 短答式 問題【2012】 平成24年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H24年 宅建業法 問題

都市計画法第29条第1項の許可が必要とされる宅地の造成又は建築基準法第6条第1項の確認が必要とされる建物の建築に関する工事の完了前において、宅地建物取引業者が行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法に違反する業務はどれか

  1. 開発許可を受けた後に、宅地の売買を広告すること。
  2. 開発許可を受ける前に、宅地の売買の媒介をすること。
  3. 開発許可を受ける前に、宅地の貸借の代理をすること。
  4. 建築確認を受けた後に、建物の売買の代理をすること。
  5. 建築確認を受ける前に、建物の貸借の代理をすること。

「不動産鑑定士 短答式 問題【2012】 平成24年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…