宅建過去問【1996】 平成8年 問30 不動産取得税 問題と解説

宅建過去問 H8 問30 不動産取得税 問題

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地の取得に係る不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成27年中に行われた場合には、当該宅地の価格の1/2の額とされる。
  2. 不動産取得税の標準税率は5/100であるが、平成30年3月31日までに住宅を取得した場合の不動産取得税の標準税率は3/100である。
  3. 不動産取得税は、相続、贈与、交換及び法人の合併により不動産を取得した場合には課せられない。
  4. 不動産取得税の免税点は、土地の取得にあっては30万円、家屋の取得のうち建築に係るものにあっては一戸につき23万円、その他の家屋の取得にあっては一戸につき12万円である。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問30 不動産取得税 問題と解説」の続きを読む…