宅建過去問【1990】 平成2年 問8 民法(契約の解除) 問題と解説

宅建過去問 H2年 問8 民法(契約の解除) 問題

契約の解除に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 不動産の売主は、売買契約と同時にした買戻しの特約によって、買主が支払った代金及び契約の費用を返還して、その売買契約を解除することができる。
  2. 売主が契約の当時その売却した権利が自己に属しないことを知らない場合において、その権利を取得して買主に移転することができないときは、売主は、損害を賠償して契約を解除することができる。
  3. 無償の委任契約においては、各当事者は、いつでも契約を解除することができ、その解除が相手方のために不利な時期でなければ、その損害を賠償する必要はない。
  4. 請負契約において請負人が仕事を完成しない間は、請負人は、損害を賠償して契約を解除することができる。

「宅建過去問【1990】 平成2年 問8 民法(契約の解除) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2006】 平成18年 問9 民法(委任契約) 問題と解説

宅建過去問 H18 問9 民法(委任契約) 問題

民法上の委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 委任契約は、委任者又は受任者のいずれからも、いつでもその解除をすることができる。ただし、相手方に不利な時期に委任契約の解除をしたときは、相手方に対して損害賠償責任を負う場合がある。
  2. 委任者が破産手続開始決定を受けた場合、委任契約は終了する。
  3. 委任契約が委任者の死亡により終了した場合、受任者は、委任者の相続人から終了についての承諾を得るときまで、委任事務を処理する義務を負う。
  4. 委任契約の終了事由は、これを相手方に通知したとき、又は相手方がこれを知っていたときでなければ、相手方に対抗することができず、そのときまで当事者は委任契約上の義務を負う。

「宅建過去問【2006】 平成18年 問9 民法(委任契約) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2001】 平成13年 問6 民法(各種契約) 問題と解説

宅建過去問 H13 問6 民法(各種契約)問題

契約当事者が死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。
  2. 使用貸借契約において、貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。
  3. 組合契約において、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退する。
  4. 定期贈与契約(定期の給付を目的とする贈与契約)において、贈与者又は受贈者が死亡した場合、定期贈与契約は効力を失う。

「宅建過去問【2001】 平成13年 問6 民法(各種契約) 問題と解説」の続きを読む…