宅建過去問【2007】 平成19年 問21 建築基準法 問題と解説

宅建過去問 H19 問21 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築主は、共同住宅の用途に供する建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が180㎡であるものの大規模の修繕をしようとする場合、当該工事に着手する前に、当該計画について建築主事の確認を受けなければならない。
  2. 居室を有する建築物の建築に際し、飛散又は発散のおそれがある石綿を添加した建築材料を使用するときは、その居室内における衛生上の支障がないようにするため、当該建築物の換気設備を政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。
  3. 防火地域又は準防火地域において、延べ面積が1,000㎡を超える建築物は、すべて耐火建築物としなければならない。
  4. 防火地域又は準防火地域において、延べ面積が1,000㎡を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁で有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。

「宅建過去問【2007】 平成19年 問21 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…

建築確認制度

WS000001建築基準法は建築物の集団規定や単体規定をすることで、建築物の安全性維持や周辺地域との調和を図っていますが、これらの規制が確実に実行されるように、建築物の事前確認が必要となります。
この事前審査の制度が、建築確認制度です。

 

ですから、建築主は、以下の一定の建築物を建築しようとする場合には、
工事着工に建築基準法に適合するかどうか、建築主事または指定確認検査機関の
確認を受け、確認済証の交付を受けなければならないとされているのです。

「建築確認制度」の続きを読む…