宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題

建築物の容積率の最高限度及び最低限度を都市計画に定めるものとされている地域地区は、都市計画法の規定によれば、次のうちどれか。

  1. 高度地区
  2. 高層住居誘導地区
  3. 特例容積率適用地区
  4. 高度利用地区

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題

地域地区に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するための地域である。
  2. 第二種住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。
  3. 高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るための地区である。
  4. 高度利用地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るための地区である。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H23-21 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H23-21 都市計画法(地域地区) 問題

地域地区に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 準住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。
  2. 防火地域又は準防火地域は、市街地における火災の危険を防除するため定める地域である。
  3. 準都市計画区域については、都市計画に、高度地区を定めることができるが、高度利用地区を定めることはできない。
  4. 特定用途制限地域は、用途地域のうち、その良好な環境の形成又は保持のため当該地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要を定める地域である。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H23-21 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H25-21 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H25-21 都市計画法(地域地区) 問題

地域地区に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 特別用途地区は、用途地域が定められていない土地の区域(市街化調整区域を除く。)内において、その良好な環境の形成又は保持のため当該地区の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要を定める地区とする。
  2. 第一種低層住居専用地域及び第二種低層住居専用地域においては、特例容積率適用地区を定めることができない。
  3. 第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層住居専用地域においては、高層住居誘導地区を定めることができる。
  4. 準都市計画区域においては、都市計画に用途地域を定めることができない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H25-21 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H14 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針に関する都市計画は都道府県が定めるが、都市再開発方針等に関する都市計画は市町村が定める。
  2. 無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画に市街化区域と市街化調整区域との区分を必ず定めなければならない。
  3. 用途地域は、住居、商業、工業等の用途を適正に配分して住居の環境を保護し、商工業の利便を増進するものであり、第一種低層住居専用地域、住居地域、商業地域、工業専用地域などの8種類の地域の総称である。
  4. 特別用途地区は、用途地域内において特別の目的からする土地利用の増進、環境の保護等を図るため定める地区で、用途地域を補完するものである。
  5. 高度利用地区は、市街地の環境を維持し、土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H15 都市計画法② 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 特定用途制限地域は、用途地域が定められている土地の区域内において、その良好な環境の形成又は保持のため当該地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物その他の工作物の用途の概要を定める地域である。
  2. 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域において定める地区である。
  3. 高度地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため、建築物の容積率の最高限度及び最低限度を定める地区である。
  4. 特定街区は、市街地の整備改善を図るため街区の整備又は造成が行われる地区について、その街区内における建築物の容積率並びに建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限を定める街区である。
  5. 地区計画は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める計画である。

「不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2004】 平成16年 都市計画法(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H16 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 第二種住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。
  2. 高度利用地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である。
  3. 特定街区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、建築物の容積率の最高限度、建築物の建ぺい率の最高限度及び建築物の敷地面積の最低限度を定める街区である。
  4. 風致地区内における建築物の建築、宅地の造成等の行為については、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる。
  5. 特定用途制限地域は、用途地域内の一定の区域における当該地域の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地域である。

「不動産鑑定士 過去問 【2004】 平成16年 都市計画法(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2005】 平成17年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H17 都市計画法② 問題

都市計画法における地域地区に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 工業地域とは、主として工業の利便を増進するため定める地域であり、準工業地域とは、主として環境の悪化をもたらす恐れのない工業の利便を増進するため定める地域である。
  2. 高度地区は、用途地域内における市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の容積率の最高限度及び最低限度、建築物の建ぺい率の最高限度、建築物の建築面積の最低限度並びに壁面の位置の制限を定める地区とする。
  3. 市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとし、市街化調整区域については、原則として用途地域は定めないものとする。
  4. 用途地域が定められていない土地の区域においても、健全な住宅市街地における良好な居住環境その他優れた街区の環境が形成されている土地の区域である場合には、地区計画を定めることができる。
  5. 特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区とする。

「不動産鑑定士 過去問 【2005】 平成17年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H18 都市計画法② 問題

都市計画法における地域地区に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地域地区は、土地の自然的条件及び土地利用の動向を勘案して、用途を適正に配分することにより、都市機能を維持増進し、かつ、良好な景観を形成する等適正な都市環境を保持するように定めることとしている。
  2. 第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域であり、当該地域内においては、高度地区に関する都市計画を定めることができる。
  3. 準工業地域は、主として環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便を増進するため定める地域であり、当該地域内において一定の場合には、高層住居誘導地区に関する都市計画を定めることができる。
  4. 第二種住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域であり、当該地域内において一定の場合には、特例容積率適用地区に関する都市計画を定めることができる。
  5. 風致地区は、都市の風致を維持するため定める地区であり、当該地区内における建築物の建築、宅地の造成及び木竹の伐採については、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法② 問題

都市計画法における地域地区に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区である。
  2. 用途地域は、区域区分を定めていない都市計画区域内には定めることができない。
  3. 近隣商業地域は、近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便を増進するため定める地域であり、商業地域は主として商業その他の業務の利便を増進するため定める地域である。
  4. 用途地域については、建築物の容積率及び建築物の敷地面積の最低限度を都市計画に定めるものとされているが、このうち建築物の敷地面積の最低限度については、当該地域における市街地の環境を確保するため必要な場合に限り都市計画に定めるものとされている。
  5. 特例容積率適用地区は、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域及び工業専用地域を除く用途地域内の適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において、未利用となっている建築物の容積の活用を促進して土地の高度利用を図るため定める地区である。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…