宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-4 地価公示法 問題と解説

不動産鑑定士試験での地価公示法は、宅建士試験とほぼ同レベルですので、
ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-4 地価公示法 問題

地価公示法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 土地鑑定委員会は、標準地について毎年1回、単位面積当たりの正常な価格を判定し、これを公示するものとされている。
  2. この法律は、都市及びその周辺の地域等において標準地を選定し、その正常な価格を公示することにより、適正な地価の形成に寄与することを目的とするとされている。
  3. 不動産鑑定士は、公示区域内の土地について鑑定評価を行う場合において、当該土地の正常な価格を求めるときは、公示価格を規準としなければならず、その際には、当該対象土地に最も近接する標準地との比較を行い、その結果に基づき、当該標準地の公示価格と当該対象土地の価格との間に均衡を保たせる必要がある。
  4. この法律における「公示区域」とは、都市計画法第4条第2項に規定する都市計画区域その他の土地取引が相当程度見込まれる一定の区域をいう。
  5. 都市及びその周辺の地域等において土地の取引を行う者は、取引の対象土地に類似する利用価値を有すると認められる標準地の公示価格を指標として取引を行うよう努めなければならない。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-4 地価公示法 問題と解説」の続きを読む…