宅建過去問【2011】 平成23年 問49 土地 問題と解説

宅建過去問 H23 問49 土地 問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 住宅地としての立地条件として最も基本的な条件は、地形、地盤に関することである。
  2. 山麓部の利用に当たっては、背後の地形、地質、地盤について十分吟味する必要がある。
  3. 低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。
  4. 埋立地は一般に海面に対して数mの比高を持ち、干拓地より災害に対して危険である。

「宅建過去問【2011】 平成23年 問49 土地 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2013】 平成25年 問49 土地 問題と解説

宅建過去問 H25 問49 土地 問題

日本の土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 国土を山地と平地に大別すると、山地の占める比率は、国土面積の約75%である。
  2. 火山地は、国土面積の約7%を占め、山林や原野のままの所も多く、水利に乏しい。
  3. 台地、段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地である。
  4. 低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。

「宅建過去問【2013】 平成25年 問49 土地 問題と解説」の続きを読む…