宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題と解説

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 利害関係者から換地計画に関する図書の閲覧の請求があった場合においては,施行者は、正当な理由がない限り、これを拒んではならない。

ロ. 都道府県知事は、都道府県が施行する土地区画整理事業ごとに、土地区画整理審議会の委員の中から、土地又は建築物の評価について経験を有する者を、評価員に選任しなければならない。

ハ. 土地区画整理組合は、参加組合員以外の組合員に対して、土地区画整理事業に要する経費に充てるため、賦課金として金銭を賦課徴収することができる。

ニ. 個人施行者が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、災害を防止し、又は衛生の向上を図るため宅地の地積の規模を適正にする特別な必要があると認められる場合においては、その換地計画に係る区域内の地積が小である宅地について過小宅地にならないように換地を定めることができる。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-11 土地区画整理法 問題と解説

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-11 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 換地計画において換地を定める場合においては、換地及び従前の宅地の位置、地積、土質、水利、利用状況、環境等が照応するように定めなければならない。

ロ. 土地区画整理法における公共施設には、鉄道、軌道が含まれる。

ハ. 土地区画整理事業の施行者は、仮換地の指定をされた宅地について所有権の移転があった場合には、新たな所有者に対し改めて仮換地の指定の通知をしなければならない。

ニ. 個人施行者は、土地区画整理事業のために他人の占有する土地に立ち入って測量する必要がある場合において、当該土地の属する区域を管轄する市町村長の認可を受けたときは、他人の占有する土地に自ら立ち入ることができる。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-11 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…