不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法②(換地処分)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H27② 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 市町村が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、その土地区画整理事業の施行後の宅地の価額の総額がその土地区画整理事業の施行前の宅地の価額の総額を超える場合においては、土地区画整理事業の施行の費用に充てるため、その差額に相当する金額を超えない価額の一定の土地を換地として定めないで、その土地を保留地として定めることができる。

ロ. 換地処分は、別段の定めがある場合を除き、換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が完了した後において、遅滞なく、しなければならない。

ハ. 換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日から従前の宅地とみなされる。

ニ. 土地区画整理事業の施行により公共施設が設置された場合においては、その公共施設は、別段の定めがある場合を除き、換地処分の公告があった日の翌日において、その公共施設の所在する都道府県の管理に属するものとする。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法②(換地処分)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法(土地区画整理審議会)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 土地区画整理審議会は、施行地区を工区に分けた場合においては、工区ごとに置くことができる。

ロ. 都道府県知事又は市町村長は、土地区画整理事業の施行のため必要があると認める場合においては、施行規程で定めるところにより、委員の定数の3分の1を超えない範囲内において、土地区画整理事業について学識経験を有する者のうちから土地区画整理審議会の委員を選任することができる。

ハ. 土地区画整理審議会の会議は、委員の3分の2以上が出席しなければ開くことができず、その議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数の場合においては、会長の決するところによる。

ニ. 土地区画整理審議会を招集するには、少くとも会議を開く日の5日前までに、会議の日時、場所及び目的である事項を委員に通知しなければならない。ただし、緊急を要する場合においては、2日前までにこれらの事項を委員に通知して、審議会を招集することができる。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法(土地区画整理審議会)」の続きを読む…