不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H26② 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 施行者は、施行地区内の使用収益を停止した宅地については、その宅地の所有者及び占有者の同意を得ることなく、土地区画整理事業の工事を行うことができる。

ロ. 土地区画整理組合は、施行地区内の宅地に存する建築物について、当該宅地の使用収益の停止をもって、直ちに移転又は除去することができる。

ハ. 施行者は、仮換地の指定をする場合には、従前の宅地について抵当権を有する者があるときは、当該権利を有する者にも、仮換地の指定の効力発生の日を通知しなければんらない。

ニ. 個人施行者は、換地計画を定めようとする場合において、その換地計画を縦覧に供さなくてもよい。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 土地区画整理法(土地区画整理組合)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H26 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 定款に特別の定めがある場合には、組合員(法人にあっては、その役員)以外の者も総代になることができる。

ロ. 総代は、書面又は代理人をもって、議決権及び選挙権を行うことができる。

ハ. 組合は、その事業に要する経費に充てるため、賦課金として参加組合員以外の組合員に対して金銭を賦課徴収することができる。

ニ. 総代会が設けられた組合においては、理事は、通常総会を招集することを要しない。

  1. イとロ
  2. イと二
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 土地区画整理法(土地区画整理組合)」の続きを読む…